ホーム ≫ ブログページ ≫

ブログページ

【健康情報「熱中症と筋肉の関係」】

2017082500008_1
この健康情報では、最新の情報とセラピストとして役立つ豆知識をお伝えいたします。

来月には「全人類が今まで経験したことの無い夏」が始まります。昨年まではインフルエンザ予防や風邪の引きやすい冬場にマスクを着用する人を見かけました。しかし今年は大勢の人が感染予防として、マスクを着用して本格的な暑さを迎えるという異例の光景になると予測されています。
 
その為、マスク着用が原因による体調不良を医師や専門家がメディアを通じて警戒を伝えています。その一番にあげられるのは「マスク熱中症」です。マスクを着用していない場合と比べると、心拍数や呼吸数、血中二酸化炭素濃度、体感温度が上昇するなど、身体に大きな負担がかかります。よって、熱中症になりやすい環境が作られているといっても過言ではありません。
今回の健康情報ではこの夏も健康を維持するための「熱中症と筋肉の関係」についてお伝えしたいと思います。
 
【こむら返りは熱中症のサイン⁈】
「こむら返り(足つり)」は、私たちマッサージセラピストにとって、お客様からよく聞くワードと思います。そのこむら返りは、熱中症のサインの可能性もあるというお話です。マスクを着用すると体温に近い温度の呼気から出た水蒸気を吸い込むことになり、吸気は熱を失わず肺へ届きます。体温は通常、外気温より高いことが多く、マスクを着用して外気より高温の呼気を吸い続ければ、体の熱が下がりにくくなるといいます。結果、脱水症状を引き起こし熱中症になるリスクが高まる可能性があるということです。
 
【こむら返りとは?】
こむら返り(足つり)は、ふくらはぎに起こる痛みを伴う筋けいれんを指します。ふくらはぎの一部の筋線維が強く縮んで、他の筋線維とズレが生じて痛みが出ます。激しい運動の後や睡眠中に起こりやすく、特に夏場はスポーツで多量に汗をかいたり、下痢や水分摂取の不足で脱水状態に陥ったりして、体液のナトリウムやカリウムなど電解質のバランスが崩れて神経や筋肉が興奮しやすくなります。日中はエアコンの効いたオフィスや自宅で過ごすという人も油断は禁物です。室内にいても汗をかくうえ、運動不足や冷えによる血行不良も足つりを招きます。

i
▲日本神経救急学会もこのような熱中症の分類を示しています 


カラダの異常は、危険信号を知らせてくれるバロメーターであると思います。筋肉が身近に教えてくれるこのサインを見逃さないようにすることが大切ですね。
もうすぐ夏本番、全人類が今まで経験したことの無い夏に備え、知識と対策が必要であると思います。
皆様と皆様のご家族が健康でありますように願っています。


※健康情報の記事は参考までの知識として捉えて下さい。身体の異常がある場合は、専門の医師に診断して頂くようにお願いします。
2020年06月21日 14:51

【健康情報♪ 梅雨時期に効果的な食材や栄養素】

IMG_20200529_110749
この健康情報では、最新の情報とセラピストとして役立つ豆知識をお伝えいたします。

6月に入り一週間が経ち、なんと平均の最高気温は27度を記録しています。
平年では6/8の今日から梅雨入りですが、今年は6月中旬くらいになるみたいですね。

湿度が上がり、気圧や気温の変化が激しくなる梅雨の時期は、内臓機能や自律神経の低下、カラダの抵抗力が弱くなってしまうといった変化が起こりやすいものです。現代人の多くの方が、不規則な生活習慣、過剰なストレスにより交感神経が優位になりがちだといわれています。結果、血流の悪化による便秘や下痢、免疫力の低下など様々な症状が引き起こされてしまうのです。日頃から自律神経のバランスを乱れさせないことが大切です。

今回のブログでは、日常をテーマとした『梅雨時期に効果的な食材や栄養素』をお知らせします。

3333

良質な睡眠に関係する「トリプトファン」
睡眠ホルモンであるメラトニンの原料となるトリプトファン(必須アミノ酸の一つ)を多く含む食材を摂りましょう。朝食を抜いたりすると起床後約15時間で分泌の高まるメラトニン産生が乱れ睡眠の質が下がる可能性があります。
≪牛乳・チーズ等の乳製品や大豆製品、肉、魚、ゴマ、ナッツ、わかめ、卵黄、バナナなど≫

補酵素として欠かせない「ビタミンB6」
私たちの身体は、様々な化学反応を起こすことでエネルギーを発生させたり、臓器を機能させています。その化学反応を起こすたんばく質を酵素といいますが、酵素が充分に働くには、それを助ける補酵素が欠かせません。ビタミンB6はこの補酵素にあたり、アミノ酸の代謝や、心を落ち着かせる働きのある神経伝達物質-セロトニン、ギャバ、ドーパミン、アドレナリンなど-の生成に深く関わっている大切なビタミンです。
≪青魚、豚もも肉、牛レバー、小麦発芽、玄米、ニンニク、さつまいも、かぼちゃなど≫

2222

毎日の健康には、効果を知って食材を選ぶ必要がありますね。又、体内時計を規則正しく働かせるために、朝食を出来るだけ決まった時間に摂ることが大切と言われています。バランスのよい食事を心掛けてこの6月も皆様と皆様のご家族の健康が保たれることを祈っています。
2020年06月08日 00:53

【健康情報:最先端の企業も実施する「仮眠」の効用】

ダウンロード
この健康情報では、最新の情報とセラピストとして役立つ豆知識をお伝えいたします。

先日ようやく緊急事態宣言が解除されましたが、皆さまの生活習慣にも変化があったのではないでしょうか? 
今回お知らせする健康情報は、生活習慣での効果が期待できる「仮眠」についてお伝えします。今では多くの企業が推奨しており、GoogleやNASAなど海外企業が「エナジー・ポット」と呼ばれる特設の仮眠室を導入するなど話題を呼んでいます。休憩する時間に着目し、パフォーマンスを発揮できる環境が整備されているそうですね。

【仮眠の定義と種類】
何時間何分という時間の定義は無いものの、一般的には夜間の主睡眠の半分以下であれば仮眠とみなされるそうです。又、仮眠はどのような理由かにもよって種類が変わります。
睡眠不足を解消するための補償的仮眠、退屈や寝ることを好きだからという理由の付加的仮眠、食後など日常的にとる習慣性仮眠。夜勤前など、その後の眠気を予防するための予防的仮眠など種類は様々です。
 
222

【理想的な仮眠時間と効果】
昼間の30分以下の短時間仮眠は徐波睡眠が出現する前に覚醒することになりますので、夜間の主睡眠にも影響は与えません。さらに日中の短時間仮眠の効果として、午後の眠気や疲労の改善、記憶や認知作業の成績向上、運動技能の向上などあるそうです。なので、日中に仮眠をとる場合は、30分以内の短時間睡眠が有効といえますね。
 
【国内での発表】
日本でも、厚生労働省が2014年3月に公表した『健康づくりのための睡眠指針2014』において、午後の早い時刻に30分以内の短い昼寝をすることは眠気による作業能率の改善に効果的であると書かれています。
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000042749.html
 
 
今後もウイルスは完全に消滅する訳ではなく、ウイルスと共に私たちは生活をしなくてはなりません。その中で生活習慣の調整やセルフマネジメントは必要不可欠と思います。
健康維持を基本として、皆さまと皆さまのご家族が元気であることをこれからも祈っております。
 
 
 
2020年05月26日 21:42

【健康情報 筋肉の発揮張力維持とその有効性】

af9940063191o
今、日本だけでなく世界中で外出自粛が行われ、普段から通い慣れたジムにも行けずに自宅内で運動される方も多くいらっしゃると思います。最近では、多くの健康維持・免疫強化のアイデアをよくニュースサイトで目にするようになりました。
今回は、ご自宅でもできる筋肉の発揮張力維持とその有効性をご紹介します。
 
≪筋肉の発揮張力維持とは≫
身体の動作中に力を抜くことなく、終始力を入れっぱなしで動作をするということです。分かりやすいイメージでは、椅子に座っている姿勢をとり維持する「空気椅子」がありますが、この空気椅子に座った状態を維持しながらトレーニング動作を繰り返すようなイメージです。
 
≪期待できる効果≫
1:成長ホルモン効果が期待できる
成長ホルモンは肌細胞の回復や筋肉の合成、代謝を向上させる役割があります。高負荷の筋力トレーニングと同じように乳酸がでるので、普段よりも「成長ホルモンの分泌」が増えるのです。

4tr

2:インナーマッスルへの刺激
今までの通常のトレーニングより少ない回数でも、高い効果を生むことができます。自宅でのトレーニングでは、時間短縮にも繋がります。
※インナーマッスルとは、身体の深いところに位置する筋肉で深層筋の総称です。体幹だけでなく、上肢・下肢の深層筋もインナーマッスルと呼ばれます。

334



≪有効性持つ代表的なトレーニング法≫
室内でも行うことができる方法として「スロートレーニング」をご紹介します。同じ動作を繰り返し行う運動のレジスタンス運動のひとつで、加圧トレーニングにおいても同じメカニズムです。実施回数は、週2回程度が推奨されています。
 
tr2
▲腹筋運動(クランチ):仰向けになり膝を立てて、頭の後ろで腕を組み、上体を起こす。一般的な腹筋運動とここまでは一緒です。スロートレーニングでは上体を起こすのに3秒かけて1秒静止、そして上体を戻すのにも3秒かける。このようにゆっくり行うことで、腹筋に負荷を加えることができます。10回/3セット、腹筋に休みの時間を与えないように、背中が完全に床につく前に上体を起こし始めるのがポイントです。



3tr
 
▲腕立て伏せ:腕立て伏せも基本の形は同じです。体を下げる間の時間が3秒、1秒静止し、体を起こすのに3秒かけます。大胸筋と上腕三頭筋への負荷が加わり筋肥大に繋がります。

1
 
▲スクワット:脚を肩幅に開いて立ち、腕は前に伸ばします。背筋を伸ばして3秒かけて膝を90度付近まで曲げていきます。そして3秒かけて立ち上がります。下肢と腹部の引き締めとヒップアップに効果が期待できます。


こんな事態でも、限られた時間、限られた空間で有効的な健康維持を心がけましょう。
皆様と皆様のご家族の健康を心からお祈りしております。
 
 
 
2020年04月19日 10:04

【健康情報「筋肉と眠りの知識」】

rf27151972_o
この健康情報では、最新の情報とセラピストとして役立つ豆知識をお伝えいたします。
 
今世界が直面しているコロナ危機で日本国民のみならず世界で外出自粛が重要視されていますよね。
そして感染防止として「免疫力の大切さ」を多くのメディアが報じています。
免疫力は毎日の睡眠や運動からも変化させることができると言われていますので、今回は免疫力を高めるための「筋肉と眠りの知識」についてお伝えしたいと思います。
*
【筋肉がついている人が良く眠れる?】
筋肉がついていればいるほど、酸素を多く消費して代謝が盛んになり、比例してエネルギー消費量も多くなります。起きている時間はエネルギーを消費されますから、それを抑えるため、つまり無駄なエネルギーを使わせないようにするために、「眠らせる」というのが生理機構なのです。それは生物の本能としてごく自然な働きといえるでしょう。
2017年、カナダのマクマスター大学のコワセヴィッチ氏らも筋力トレーニングと睡眠に関する13の研究報告を解析したメタアナリシスの結果も発表しています。それは「筋トレは睡眠時間(量)は増やさないが、質を高めることができる」というものでした。
 
【専門家(医師)が推奨する睡眠質を高めるストレッチ】
効果が期待できるストレッチ術は、寝る1時間~2時間前に入浴し、カラダを温めたあとに行うということです。下図の写真のように「腕のストレッチ」「首のストレッチ」「胸のストレッチ」は、神経を落ち着かせる効果があります。

09

08

07
 

外出を控えることが大切なこの時期、ストレスや不安から眠りにつけなくなることもありますので、免疫力を高める「質の良い眠り」のために、自宅でできる適度な筋トレやストレッチは大切ですね。
 
皆様と皆様のご家族が健康でありますように願っています。
 
2020年04月05日 15:00

【スクール環境情報♪】感染防止措置3要素の実施のお知らせ

67

西日本、関東地方、北陸地方では桜も開花し、東北地方では明日以降が開花が予想されていますね。この時期は新年度を迎え真新しい雰囲気の中、花見などの催し物が何かと多い季節ですが、日々メディアを通じて伝えられるのは、感染に関する専門家知見、感染状況、海外の様子ばかりです。私たち国民が感染予防に意識を更に高めて、一日でも早い収束を祈るばかりです。

 

このような状況の中で、スクールでは専門家(医師)の相談のもと、感染防止措置として防疫対策である3要素を実行し、安心して授業が受けられる環境を整えております。

●密閉空間 → スクール内、4か所の窓/扉を開放して授業を行います(雨天時は2か所の扉を開け、60分毎に換気)

●密集場所 → 受講生人数を6名以下に制限して授業を行い密集を避けます(15坪の空間に最大受講生6名)

●密接場所 → 密接での感染リスクとして、密接で会話をすることが飛沫感染につながると言われておりますため、顔面に密接する施術練習時はフェイスガードを着用し会話を控えて行います。講師の指導は、受講者から離れて行います。

【施設利用者全員に感染予防プロシジャーの指導】
・施設内における感染予防プロシジャー、衛生的手洗い、ウイルスを避ける方法の指導


皆さまの健康と感染が収束する日を心から祈っております。

 
2020年03月28日 20:19

【健康情報「ウイルスと細菌のちがい」】

2

この健康情報では、最新の情報とセラピストとして役立つ豆知識をお伝えいたします。
今回の健康情報では、感染症を引き起こすもととなるウイルスと細菌について、それぞれの特徴を比較して解説していきます。
 
【ウイルス】
〇細胞
=なし
〇栄養摂取とエネルギー生産
=しない
〇構造
=タンパク質でできた殻のなかに核酸が収められている
〇大きさ
=数十nm~数百nm*
〇増殖
=ウイルス単体は自力で増殖できない。動植物の細胞のなかに入り込み、その細胞の機能を使って増殖する。
〇感染
=細胞の表面にウイルスが吸着→細胞内に侵入→ウイルス核酸の複製→出芽/宿主細胞の死→宿主細胞外に放出
〇治療
=そのウイルスに有効な抗ウイルス薬、ワクチンによる予防接種(一部のウイルスのみ)

【細菌】
〇細胞
=あり
〇栄養摂取とエネルギー生産
=する
〇構造
=細菌の細胞の多くは細胞膜・細胞壁によって区切られている(一部の細菌では細胞壁がない)。
〇大きさ
=1 μm(マイクロメートル)前後
〇増殖
=細胞分裂を繰り返すことより増殖
〇感染
=人の細胞に侵入または毒素を出して細胞を傷害する
〇治療
=抗生物質や合成抗菌薬など

*1nm(ナノメートル)=1μm(マイクロメートル)の 1/1000


皆様と皆様のご家族が健康でありますように願っています。

2020年03月15日 20:10

【健康情報「ウイルスへの知識と理解」】

87801734_3408531345884391_2922549146973896704_o

この健康情報では、最新の情報とセラピストとして役立つ豆知識をお伝えいたします。

全国的に催事などの延期、スポーツの分野では無観客での試合実施など過去にない事態になっていますね。一日でも早い収束を祈るばかりです。

今回の健康情報では、その原因であるウイルスに関して知識と理解について解説していきます。

●ウイルスとは
感染症を引き起こす主な病原体は、ウイルス、細菌、真菌です。
ウイルスは、生命の最小単位である細胞や細胞膜も持たないため自己増殖することがなく、人の細胞の中に侵入し増殖します。

●様々なコロナウイルス
・SARS:重症急性呼吸器症候群コロナウイルス(SARS-CoV)
・MARS:中東呼吸器症候群コロナウイルス(MERS-CoV)
・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)

●コロナウイルスの構造的な分類
ウイルスの構造的な分類として、エンベロープ構造(脂質と糖タンパクからなる被膜)を持つタイプのもの、持たないタイプものが存在しますが、コロナウイルスは前者のエンベロープ構造(脂質と糖タンパクからなる被膜)を持つタイプのウイルスです。
*
●コロナウイルスの特徴
前述のエンベロープ構造をもつウイルスは脂質に作用するもの(消毒用アルコールや石鹸など脂質を溶かすもの)で処理すると容易に破壊することができます。

●今現在わかっている新型コロナウイルスの世界的共通認識
・潜伏期間中のウイルス排泄
・不顕性感染

●インフルエンザ、SARS、MARSと、新型コロナウイルスの大きな違い
「コロナウイルスは、潜伏期間中にウイルスを発生する」
一方、インフルエンザ、SARS、MARSは潜伏期間中にウイルスを出さない。

●不顕性感染とは
・感染が成立していながら臨床的に確認しうる症状を示さない感染様式のこと。
・感染源として自覚症状がないうちに病原体を他個体に拡げてしまうおそれがある。

▼NIID国立感染症研究所:新型コロナウイルス(2019-nCoV)関連情報について
https://www.niid.go.jp/…/coro…/2019-ncov/9324-2019-ncov.html

▼ウイルス粒子の構造と各部の機能
http://www.med.akita-u.ac.jp/…/kansensho/virus17/kouzou.html



皆様と皆様のご家族が健康でありますように願っています。
今だからこそ、しっかりとした知識をもって予防しましょう!

2020年02月27日 20:06

【健康情報「免疫力と睡眠」】

af9900100041o

この健康情報では、最新の情報とセラピストとして役立つ豆知識をお伝えいたします。

今、日本中で猛威をふるう新型コロナウイルス。 ニュースでこの話題を聞かない日は無いくらい深刻ですよね。今回の健康情報では、予防に大切な「免疫力と睡眠」について解説していきます。
*
【免疫力とは】
ヒトには、ウイルスや細菌などの病原体が体内へ侵入するのを防いだり、体内に侵入してしまった病原体を退治したりする「免疫システム」が備わっています。皮膚、鼻・のどなどの粘膜にある「免疫細胞」は侵入を防ぐ役割を、マクロファージやリンパ球、顆粒球などの白血球群の「免疫細胞」は侵入してきた病原体を退治する役割を担っています。これらの免疫細胞が弱かったり、数が足りなかったりすると身体はウイルスや細菌に負けてしまいます。
*
新型コロナウイルスが発生して感染が拡大している今、予防意識は非常に高いですよね。一般的に言われているのは「マスクの着用」「こまめな手洗い・うがい」と言われています。最新(2/21付)の国立国際医療研究センターの発表でもそう示されています。
https://www.niid.go.jp/…/…/epi/corona/2019nCoV-01-200221.pdf

予防策の強化として私たち自身のカラダの内部、すなわち免疫力も同時に高めることも必要だと考えられています。免疫力を高めるためには適切な食事や体温を上げるなど沢山ありますが、今回は「睡眠」に着目してみたいと思います。
*
【免疫力と睡眠の関係】
ヒトは眠ることで自律神経のバランスをとっているため、睡眠不足では免疫力が低下します。十分な時間の睡眠をとることは免疫の働きを高めるうえでとても大切とされています。海外の研究によると、睡眠時間が6時間未満の人は7時間以上の人より4倍以上風邪を引きやすい、という結果が出ています
(カリフォルニア大学サンフランシスコ校の研究、Sleep, 38:1353, 2015)。

しかし睡眠時間が長すぎてもリンパ球過剰になるので、寝すぎは良くありません。夜更かしは交感神経優位になり、昼夜逆転生活は副交感神経が優位になりすぎるので、基本は早寝早起きが大切です。

起床時間を「毎朝5時起き」など時刻で決めるより、実際の日の出に合わせると良いとよいでしょう。交感神経が緊張しやすい冬は日の出も遅くなるので、日が昇るまではたっぷり眠る、夏は日の出が早いので、起きる時間も早めにして春と秋はその中間。カーテンを薄めにすると、太陽光入るので自然に目覚めることができます。
そうして、免疫力を季節リズムに合わせた効果的な睡眠から整えることができます。

2020年02月22日 20:02