ホーム ≫ 顔筋リフトフェイシャル詳細 ≫

顔筋リフトテクニック詳細

顔筋リフトフェイシャル 400×200
【 顔筋リフトテクニックのルーツ 】

顔筋リフトテクニックは、自然療法大国オーストラリアで筋骨格系にアプローチするマッサージセラピーとしてポピュラーな※リメディアルセラピーの学習と臨床、並びに日本国内での長年に及ぶサロン臨床経験によるフィードバックをもとに開発したフェイシャルトリートメントです。

※リメディアルセラピー
リメディアルセラピーは、セラピー先進国オーストラリアで代替医療トリートメントとして民間医療保険の適用を認められた施術です。本国では、セラピューティック・ディープティシュ―マッサージ(Therapeutic Deep Tissue Massage)として、筋骨格系の不具合(肩凝り・腰痛など)・代謝不良・むくみ等の身体の不調和解消の手段として、予防/メンテナンスケアとして、スポーツ前後のコンディショニングとして、日常的に利用されています。リメディアルセラピストは、姿勢評価・筋機能評価・解剖学的知識をもって多種のテクニック(スウェディッシュマッサージ・ディープティシュ―マッサージ・筋膜リリース・トリガーポイントセラピー・マッスルエナジー・モビライゼーション・
リンパティックドレナージュ等)をクライアントの身体の状態に合わせて的確に使いこなすことができます。


【 顔筋リフトテクニック2日集中コースで学べること 】

< 理論 >
・顔筋リフトフェイシャルについて 
・顔と顔周辺の筋肉(表情筋・咀嚼筋・舌骨筋群) 
・リフトアップに関連する顔以外の筋肉 
・解剖学基礎知識(神経・リンパ・循環・筋肉・皮下組織について) 
・筋膜と筋膜リリース 
・顔と顔周辺のトリガーポイント 
・ストレスと身体 
・コンサルテーション

< 実技 >
・顔筋リフトテクニック
・筋/筋膜トリガーポイントリリース 
・リフトアップのための頸 /肩 / デコルテトリートメントテクニック 
・症状別対応 


■ 顔筋リフトテクニック2日集中コース ■ リメディアルマッサージと他のマッサージの違い